PS4はXbox720より50%高速で、RAM容量はXbox720が上か

VG247は17日(現地時間)、ソニーの次世代ゲーム機「PlayStation 4」は、マイクロソフトの次世代ゲーム機「Xbox 720」より50%高速であると、CES(コンシューマーエレクトロニクスショー)での開発者の話として伝えています。一方、RAMの容量ではXbox 720はPlayStation 4を上回るとのことです。

具体的に処理性能を比較すると、次世代PlayStation(コードネーム:Orbis)は1.84テラフロップスの処理能力を持つ一方、次世代Xbox(コードネーム:Durango)の処理能力は1.23テラフロップスだと伝えています。

しかしRAMの容量に目を向けると、Xbox 720は8GBのRAMを搭載すると伝えられるのに対して、PlayStation 4のRAM容量は4GBになるとのことです。なお、Xbox 720は8GBのRAMのうち3GBをOSに割り当て、4~5GBをゲーム処理に割り当てるとのこと。PlayStation 4は4GBのRAMのうち1GBをOSに、3GBをゲームに割り当てるとしています。

光学ドライブに関しては、どちらのゲーム機もブルーレイドライブを搭載するとのこと。

搭載するチップに関しては、Xbox 720はCPUについては記載がなく、GPUに「Radeon HD 8770」を搭載。PlayStation 4はAMDのCPUとGPUを統合したAPU「A10」を搭載するとのこと。どちらのゲーム機も5月に発表され、発売は11月になるとしています。

[VG247 via techradar.]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます