楽天、6月をメドに即日配送を開始 —まずは関東から

日本経済新聞は4日、楽天が今年6月をメドにインターネット通販の即日配送を始めると伝えています。まず開始するのは関東地域で、直販の書籍や日用品のほか、一部契約店舗の商品を注文当日に届けるとのこと。日時指定も可能とするとしています。

  

始めに導入されるのは、楽天が自社で書籍やDVDなどの在庫を持つ「楽天ブックス」と、日用品や生鮮食品を扱うネットスーパーなどから。楽天市場に出店している店舗に対しても、在庫管理や梱包、配送を一括して請け負うサービスを提供して、即日配送できる商品を増やしていくとのことです。

即日配送の料金は明示されていませんが、楽天は会員の利用頻度に応じて配送料の無料や割引を検討しているとしています。

2012年の国内ネット通販首位である楽天の取扱高が約1兆2000億円だったのに対し、すでに即日配送サービスを行っているライバルの米アマゾンは7000億円程度まで追い上げています。また、ヨドバシカメラが2月から書籍の当日無料配送を開始することが既に伝えられていて、ネット通販の競争が激化することが予想されます。

一方書籍の分野では、アップルやアマゾン、グーグルがタブレットと共に電子書籍の取り扱いに本格的に乗り出しており、今後実物の書籍との競争でどのような情勢になるのか注目されます。

[日本経済新聞]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます