加RIM、社名をBlackBerryに変更へ

カナダのResearch In Motion(RIM)は30日、新OS「BlackBerry 10」の発表会場にて、社名を従来のRIMからBlackBerryに変更すると発表しました。社名と主力製品名を統一することで、世界でのブランド競争力を強化してゆくとのことです。

blackberry-bold

独自のOSとハードウェアキーボードが特徴的なBlackBerry端末は、オバマ大統領をはじめ米政財界では高い人気を獲得しており、また、キャメロン・ディアスやリンジー・ローハン、ブラッド・ピットなども愛用者として知られています。かつてはスマートフォンの代名詞とまで言われていたこのBlackBerry、近年はiPhoneやAndroid端末の台頭でシェアを大きく落としており、赤字決算・人員削減など芳しくないニュースが続いていました。

上記の発表会では、これまでBlackBerryのアイコンであり続けたハードウェアキーボードを排した新端末”BlackBerry Z10”も発表されましたが、これをもって起死回生の一手となるのでしょうか。今後の動向が注目されます。

blackberry-z10

[Slashgear]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます