KoreaTimesによると、サムスン電子が、2013年のスマートフォン出荷目標を3億9000万台、従来の携帯電話を含む全体の販売目標を5億1000万台に設定したとのことです。

2012年にサムスンが出荷したスマートフォンの台数は1億9600万台とみられており、この目標はほぼ倍の台数となります。

  

矢野経済研究所の推計によると、2012年の世界のハンドセット(フィーチャーフォン+スマートフォン)出荷台数は前年比9.3%増の16億5890万台で、その内、フィーチャーフォンが前年比8.1%減の9億5890万台、スマートフォン出荷台数は前年比47.7%増の7億台と予測しています。

今回サムスンが発表した数字は2012年のスマホ出荷台数の半分以上であり、驚異的な数字であることが分かります。

順位 企業名   2011年シェア 2012年シェア  2012年出荷台数(推定) 
1 サムスン  20%  28%  1億9600万台
2  アップル  19%  20%  1億4000万台
3  ノキア  16%  5%  3500万台
4  HTC  9%  5%  3500万台
5  RIM  11%  5%  3500万台 

※シェアのデータは調査会社IHS
出荷台数は2012年のシェアに7億台をかけて計算したもの

KoreaTimesは「今年のグローバルスマートフォン市場の成長率は10%前後とやや低下する兆しがある」としていますが、新興国での需要が見込めることや、中国の低価格メーカーであるZTEやファーウェイを牽制する狙いから、サムスンはこのような目標を立てたとしています。

サムスンは今後、スマートフォンのラインナップを強化し、北米および欧州市場ではLTEを標準搭載したスマートフォンを展開。中国、インド、中南米、およびその他の成長市場には低価格スマートフォンの販売に注力するとのことです。

その中には、Galaxy S4やGalaxy Note 3などのフラグシップスマートフォン、Windows Phone8搭載スマートフォン、インテルと協力し採用したソフトウェア(Tizen OSと思われる)搭載のスマートフォンが含まれるとしています。

また、5インチ以上7インチ以下のディスプレイ、性能の向上したバッテリーを搭載し、さらに薄型化されたスマートフォンを販売していくとのことです。

Galaxy S4の販売目標を3000万台にすると伝えられたばかりですが、どうやらさらに大きな目標があったようです。

シェアの高まりと共に攻勢を強めるサムスンですが、その目標に見合うような製品が登場していくのでしょうか。今後の情勢に注目です。

[Korea Times via リンゲルブルーメン]
[矢野経済研究所]
[IHS]