シャープ、32型4K対応IGZO・85型8Kテレビを発表

シャープは、現在米国で開催されている家電見本市CES 2013の中で、32インチ4K解像度(3840×2160)のIGZOディスプレイや、3.4インチの折り曲げ可能な有機ELディスプレイ、85インチ8K解像度(7680×4320)テレビを発表しました。

 

32インチ4KのIGZOディスプレイの価格は5000ドル(約40万円)で、2月に発売を予定しているとのこと。医療用の画像処理や、画像や映像の専門家をターゲットにしているとしています。シャープのプレスリリースによると、厚みは35ミリと4Kテレビ業界で最薄で、タッチ機能付きのプロトタイプでは、10点同時のマルチタッチ機能をオプションとしてつけることが可能であるとしています。

また、アイキューブド研究所との共同開発で、「ICC Purios」と呼ばれる、人間の脳の光の認識プロセスを再現する技術を4Kテレビに導入するとしています。奥行きや遠近感と同様の感覚を得ることができ、元の画像をより正確に表現できるとのこと。この技術を搭載したテレビは、今年夏に北米での発売を予定しているとしています。ICC技術は、元ソニーの研究員でDRC開発者でもある近藤哲二郎氏が開発したものです。長らく製品化が待たれてきましたが、いよいよ実現間近となりました。

赤・緑・青・黄色の4色原色パネル「クアトロン」技術はさらに開発が進められ、次世代ではフルHDから4K映像へのスケールアップ処理技術も導入されるとのこと。シャープは、2014に紹介する予定であるとしています。

85インチ8Kテレビは、約2フィート(約60.96センチメートル)以内に近づかなければピクセルは認識できないほど高精細であるとのこと。これはデモということで、その他の詳細は明らかにされていません。

また、シャープのプレスリリースではIGZOのメリット(高解像度、鮮明度、省電力、高タッチレスポンスなど)がはっきりと述べられており、IGZO技術で他社との差異化を計るつもりのようです。これらの技術はシャープ復活の起爆剤となるのでしょうか。

[9to5mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます