ソニーの2013春モデルVAIOはタッチ対応モデルが増加

ソニーは29日、VAIOシリーズの春モデルを一気に発表しました。いずれも2月9日から発売で、価格はオープンプライスとなります。

秋に発売したタブレット変形ノートの「VAIO Duo 11」は、CPUを強化したほか、プリインストールのOfficeが同日発売のOffice 2013となる点などが大きな変更点です。また、直販モデル限定ですが、新たにシルバーカラーのモデルも用意されました。

VAIOD

Ultrabook準拠の「VAIO Tシリーズ」では、フルHD解像度で15.5型の液晶ディスプレイを搭載した新モデル「VAIO Tシリーズ15」を追加。24GBのキャッシュ用SSDを内蔵した1TB HDDと、BDXLドライブを内蔵する2スピンドルモデル(スピンドル:HDDやCDドライブなど、モーターで駆動する部品を利用したデバイスを指します)となります。価格はCore i7搭載の上位モデル「SVT15119CJ」が店頭予想価格約17万円前後、Core i5搭載の下位モデル「SVT15118CJ」が約15万5000円前後。

VAIOT

最近はSSDを搭載した0スピンドルモデルが増えてきていますが、1台のPCのみで全てをまかないたいと考えた場合、SSDと比べてHDDの方が大容量なので、動画など多くのデータが保存可能ですし、CDのリッピングやBlu-ray・DVD映像の視聴などを行うのに光学ドライブがあると何かと便利です。

そのほか既存のTシリーズでは、14型・1366×768ドットディスプレイ搭載の「VAIO Tシリーズ14」にもディスプレイにタッチ機能を追加。また、13型ディスプレイ搭載の「VAIO Tシリーズ13」の店頭モデルはタッチ機能対応モデルのみとなりました。それとは逆に11.6型液晶ディスプレイ搭載の「VAIO Tシリーズ11」はタッチ非対応モデルとなっています。

そのほか、高性能な「VAIO Sシリーズ」、低価格モデルの「VAIO Eシリーズ」、液晶一体型デスクトップ「VAIO Lシリーズ」は、いずれもメモリやHDD、CPUなどの機能強化のほか、プリインストールのOfficeソフトがOffice 2013となっています。また、秋の発売時に話題となった「VAIO Tap 20」は発売日が遅れたこともあり、今回は特にアップデートはなく継続販売となっています。

[ソニー]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます