12月携帯契約、純増1位はソフトバンク。MNP転入数でKDDIが1位

TCA(電気通信事業者協会)は10日、12月末時点の各キャリアの携帯電話・PHSの契約数を発表した。

各キャリアの純増数は、NTTドコモが235,100件、auが239,200件、ソフトバンク・モバイルが274,700件となった。ソフトバンクは純増数で12ヶ月連続首位。先月、2007年8月ぶりに純減を記録したドコモは12月は純増に転じた。

ソフトバンク・モバイル 274,700件
au 239,200件
NTTドコモ 235,100件

2012年12月度純増数

2012年の合計契約数はドコモが1,363,700件、auが2,519,700件、ソフトバンクが3,486,700件だった。総契約数は、ドコモが60,988,100件、auが36,817,200件、ソフトバンクが31,322,000件。2012年の契約数を見ると、ドコモとソフトバンクの間に2倍以上の差が生じている。

また、ロイターの報道によると、MNPを利用した契約数はドコモが132,100件の転出超過、auが102,400件の転入超過、ソフトバンクが30,900件の転入超過だった。auは10月から3ヶ月連続で10万件超の転入超過となった。 

au 102,400件
ソフトバンク・モバイル 30,900件
NTTドコモ ▲132,100件

2012年12月度MNP増減

[TCA / ロイター]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます