レノボ「ThinkPad Tablet2」が25日0時より直販受付開始 ―初回入荷分は若干数

Facebook上に公開されているレノボ・ジャパンのページ上で、25日0時よりレノボの直販サイトにおいて、Windows 8搭載タブレットPC「ThinkPad Tablet 2」の販売を開始すると発表しました。

leno_2

ThinkPad Tablet 2はCPUに低消費電力が特徴のAtom Z2760(1.8GHz)を搭載するタブレットPCです。通常動作時のバッテリー駆動時間は約10時間ですが、そのほかにスタンバイしつつも、インターネット接続の状態を維持し続け、その間のCPU電力をほとんどオフにすることでスマートフォンなどと同じように25日間、待機状態を維持できるという「Connected Standby」機能にも対応しています。 

同社では2012年内の発売を予定していましたが、ハードウェアの修正が必要な問題が発生したため、生産を延期しており、現在、2013年1月下旬とだけアナウンスされていました。

leno_1

Facebookページでは、同社宣伝部長の土居憲太郎氏が「ThinkPad Tablet 2は、日本だけでなく全世界でオーダーが殺到しており、日本向けの初回分在庫の確保が若干数となっています」とコメントしており、かなり少量であると予想されます。

[レノボ・ジャパンのページ(Facebook)]
[製品情報]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます