パナソニック、過酷な現場向けWin8タブレット「TOUGHPAD」 ―LTEにも対応

パナソニックは17日、企業・法人向けタブレットPC「TOUGHPAD」の新モデルとして、Windows 8 Pro搭載の「FZ-G1」を3月13日から発売すると発表しました。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は21万円前後。

工事現場など、過酷な環境での利用を想定した防水・防塵タブレットPCの新モデルとなります。昨年にも同ブランドでAndroid搭載タブレット「FZ-A1」を発売しましたが、今回はWindows 8搭載のタブレットPCとなります。

pana

たとえば工事現場でPCを利用する場合、砂ホコリが舞っているため、普通のノートPCではキーボードの隙間に砂が入り込んでしまい、あっという間にキーが利用できなくなってしまいます。こうした砂ホコリにも耐えられる防塵性能のほか、ちょっとした落下などでも、正常に動作するくらいの頑丈なPCが現場では求められる場合があります。

Windows OS搭載の防水・防塵PC製品として、同社からはこれまで「TOUGHBOOK」シリーズが提供されていましたが、今回もWindows 8対応モデルとして「CF-C2/19/31/H2」を同時に発表していますので、新たなカテゴリとして重量1.1kgと、防水・防塵PCとしては軽量なタブレット単体モデルを用意した形となっています。

FZ-G1の注目ポイントとしては通信機能としてIEEE 802.11a/b/g/n準拠の無線LAN以外に、ドコモ用のUIMカードスロットを備えるモデルを用意してLTEデータ通信に対応した点があげられます。

その他のスペックとしては、120cmからの落下にも耐える衝撃性能やIPX5の防滴性能、IP6Xの防塵性能を備え、ディスプレイにはフルHD解像度の10.1型IPS液晶を搭載。中身は第3世代のCore i5-3437U、メモリは4GB、128GB SSDを内蔵しています。バッテリー駆動時間は約9時間。  

[パナソニック公式サイト]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます