Ubuntu、モバイル向けOSについて2日深夜に発表か

米Engadgetは1日(現地時間)、Linuxのディストリビューションの一つ「Ubuntu」の公式サイト上にティザー画像があるのを発見しました。画像には「So close ,you can almost touch it」の文字と、2日までのカウントダウン表示があります。

米Engadgetは「このCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)前のアナウンスは、タッチOSを搭載したモバイル端末に関するものだろう」と予測しています。

興味深いことに、Ubuntuの創始者であるマーク・シャトルワース氏は12月に米スラッシュドットのQ&Aで読者にヒントを与えていました。その内容は、デスクトップユーザーをLinuxベースのOSに馴染ませる戦略の一部として、スマートフォンやタブレット向けにOSを開発する計画があるというものです。ただし、2014年4月にUbuntuの14.04がリリースされるまでは携帯向けOSは出荷されないだろうとも伝えられています。

 

すでに「Nexus S」や「Galaxy Tab 10.1」へのUbuntuのインストールは成功報告があります。Dellが販売しているPCには、OSをWindowsとUbuntuから選べるモデルがありますが、Android端末に後からUbuntuのOSをインストールしたり、購入時にAndroid OSとUbuntuのOSのどちらかを選べるようなスマートフォンが発売されれば非常に面白い展開になるのではないでしょうか。Ubuntuが開発していると思われるOSがどこまで善戦できるのか、見ものです。

[Ubuntu公式 via 米Engadget]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます