世界最薄・国内最軽量の防水対応タブレット「Xperia Tablet Z SO-03E」

「Xperia Tablet Z SO-03E」は、世界最薄&国内最軽量を実現したソニー製Androidタブレット。「Xperia Z」と共通デザインで、同じ世界観を演出している。3月中旬発売予定。

SO-03E_01_900

「Xperia Tablet Z SO-03E」は、30代男性をメインターゲットに、ITリテラシー・感度の非常に高いユーザーや、デザインの良さを重視するユーザーに訴求した端末。

最適なバランスで使用できるよう、無駄を排したデザインで、厚さ6.9ミリ、10.1インチで495グラムという世界最薄&国内最軽量を実現。上質感を演出するメタルパーツを採用した充電用卓上ホルダを同梱し、インテリアとしても存在感を放つ。

「WALKMAN」・アルバム・ムービーアプリケーションを搭載し、音楽、写真、映像を様々なサービスと連携。写真やWebページを簡単に切り取って、編集、保存できるノートアプリケーションを搭載する。大画面を活かしたマルチタスク処理が可能なスモールアプリなどを搭載し、タブレットならではの利便性を実現する機能が充実している。

NFC搭載を搭載したことで、対応機器に「Xperia Tablet Z」をかざすだけでスムーズな連携が可能となる。NFC搭載のXperiaをかざして、写真やブラウジング中のURL情報の共有も可能。

ソニーのブルーレイディスクレコーダーなどに録画した番組を、対応する機器に転送して外に持ち出せる「おでかけ転送」や、防水、ワンセグ、NOTTVといった様々な機能を搭載した高機能タブレットになっている。

ディスプレイは、フルHD(1920×1080)の映像表示に対応したWUXGA(1920×1200)の高解像度の約10.1インチ「Reality Display」を搭載し、高輝度で画面が明るく外光下でも見やすいのが特徴。色表現領域(NTSC比)100%と、繊細で高い色表現力と「モバイルブラビアエンジン2」により、フルHDコンテンツを色鮮やかでリアルに表現する。

音響面では、ソニー独自のバーチャルサラウンド技術「S-Force フロントサラウンド3D」を搭載し、映像や音楽を鑑賞するときに臨場感のある音を内蔵のスピーカーで楽しむことができる。

カメラ面では、Xperia Tablet初のソニー製裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を搭載し、薄暗い場所でも美しい写真を本格的に撮影できる。

OSはAndroid 4.1。CPUには1.5GHz駆動のクアッドコア(APQ8064)を採用。内蔵ストレージ 32GB、メモリ 2GB、約810万画素の背面カメラを搭載。前面カメラは約210万画素。防水、ワンセグ、NOTTV、NFC、DLNA、Bluetooth4.0に対応。おサイフケータイ、赤外線、置くだけ充電には非対応。

Xiは2GHz・1.5GHz・800MHz帯に対応し、下り最大100Mbps・のぼり最大37.5Mbps。3Gは2GHz・800MHz・新800MHz帯に対応し、下り最大14Mbps・のぼり最大5.7Mbps。Wi-Fiテザリング対応。

端末サイズは約172(H)×266(W)×6.9(D)mmで、重さは495g。バッテリーは取り外し不可で容量は6,000mAh。

搭載OS Android 4.1
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 WUXGA(1920×1200)
CPU 1.5GHz駆動 クアッドコア
APQ8064
RAM 2GB
内蔵ストレージ 32GB
背面カメラ 約1400万画素
ソニー製 裏面照射型CMOSセンサー Exmor R for mobile
前面カメラ 約220万画素
ソニー製 裏面照射型CMOSセンサー Exmor R for mobile
対応ネットワーク LTE 2GHz・1.5GHz・800MHz帯
3G HSDPA HSUPA 2GHz・800MHz・新800MHz帯
Wi-Fi 対応
Bluetooth Bluetooth 4.0
NFC 対応
おサイフケータイ 非対応
ワンセグ 対応
NOTTV 対応
赤外線通信 非対応
おくだけ充電 非対応
バッテリー容量 6,000mAh
バッテリー取り外し可否 不可
防水・防塵 防水
サイズ 約172(H)×266(W)×6.9(T)mm
重さ 約495g
展開色 Black / White
2013/01/22 13:30 GMT+9
初稿時、文章内でデュアルコアとの表記がございましたが、正しくはクアッドコアです。スペック表通りのものとなります。お詫び致しますと共に訂正させて頂きます。
このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます