ソニーモバイル、薄型・軽量フラットボディタブレット「Xperia Tablet Z」を正式に発表

ソニーモバイルコミュニケーションズが「Xperia Tablet Z」を正式に発表しました。

pic01

今回発表されたスペックは以下の通りです。

搭載OS Android 4.1
CPU 1.5GHz駆動 クアッドコア
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920×1200 WUXGA
背面カメラ 810万画素
ネットワーク LTE対応
厚さ 6.9mm
重さ 約495g
防水・防塵 対応
カラー展開 Black / White

Xperia Tablet Zは今春にも発売されているとみられており、各社が発売する10インチタブレットカテゴリの中でも、特に薄く・軽く設計され、防水・防塵に対応しているのが特徴です。以下に今回搭載される様々なスペックについての解説を記載します。

サイズ

XperiaTablet_S_Z_サイド比較

今回のモデルは、ソニー製タブレットとしては初のフラットモデルになります。

Zモデルのサイドビューはまだ公式には発表されていませんが、おそらくSモデルと比較すると上画像のようになると思われます。Sモデルは傾斜をつけることで汚れがつきにくく、そして持ちやすさを配慮した設計がなされていましたが、Zモデルではフルフラットのシンプルなデザインになっているのが特徴です。

ディスプレイ

鮮やかで美しい映像を表現することができる「Reality Display」を搭載しています。

Xperia arcから搭載されている高輝度・高繊細な映像を再現する「Reality Display」技術により、10.1インチ・WUXGA(約224ppi) のリッチなディスプレイを活かすことができます。前モデルの「Xperia Tablet S」が9.4インチ(160ppi程度)であったことを考えると、抜群に綺麗なディスプレイに変わったといえます。また、シーンや解像度に応じて画質を自動調整する「モバイルブラビアエンジン2」を搭載しています。

XperiaTablet_S_Z_ベゼル比較2

左記画像は、前モデルのXperia Tablet Sと今回のモデルとでディスプレイのインチ数からサイズをあわせ、ベゼル幅を比較したものです。

見てわかる通り、上下はZの方がベゼルが狭いものの、左右はSのほうがベゼルが狭くなっています。

一般的にベゼルが広いと手でタブレットを持った際に、持つ側の手の指による誤タッチが減るメリットがありますが、ベゼルが狭いほうが見栄えが良いことも事実です。今回のZモデルは、Sモデルに比べて横向きで持つのに向いている端末だと言えます。

音響

また、リッチなコンテンツを楽しむには、画面の解像度だけでなく音の再現性も重要です。同端末では音の動きや広がり感を実現するバーチャルサラウンド技術「S-Forceフロントサラウンド 3D」の搭載をうたっており、音に関しても期待できそうです。しかし、今回の発表の画像ではスピーカーの位置が分かりません。位置によっては持ち方次第で手が被さってしまい、音がにごってしまうこともあるので気になるところです。

プロセッサ

1.5GHzのプロセッサを搭載しています。前回の「Tegra3」が同じクアッドコアでしたがクロックは1.3GHzでした。クロックのみを見ても性能が高いことが分かりますが、現在のモバイル向けプロセッサは28mmプロセスで製造されているため、40mmプロセスで製造されているTegra3に比べてはるかに低消費電力・低発熱になるものと思われます。

カメラ

背面カメラは前回と同様の裏面照射CMOS・800万画素ですが搭載位置が変わっています。

XperiaTablet_S_Z_カメラ位置

また、タブレットは配置に余裕があるためなのか、背面カメラは「Exmor R for mobile」センサーを搭載しており、Xperia Zにも搭載される最新型の「Exmor RS for mobile(積層型)」ではありません。逆光や暗所に強い「プレミアムおまかせオート」を搭載したこのセンサーは、様々な場面で活躍すること間違いありませんが、タブレットを特殊な環境で用いることは珍しいので人によっては恩恵は少ないかもしれません。

防水・防塵

今回のモデルは「防水・防塵」の両方に対応しているのがうれしい点です。家の中でタブレットを使用する際、水周りでの使用にとても気を使いますが、前モデルのSはIPX4(生活防水)のみの対応だったため、今回のモデルがIPX5以上(完全活防水)に対応することに期待します。

また、前回のSモデルでは、ディスプレイパネルと本体背面に隙間ができることによって防水機能が維持できないといったトラブルがありました。今回こそは大丈夫だと思いますが、注意しておきたいところです。

NFC

今回から搭載されるNFCは、各種スマートフォントの高速なデータのやり取りや、スピーカーへの音楽転送、新型ブラビアへの無線接続の起動等に使えそうです。最近のソニー製品はNFCに力を入れているので、NFCを使った新たなユーザーインターフェースが楽しめるかもしれません。

個人的にはストレート型のタブレットも良いのですが、次期モデルこそはSony Tablet Pのような2画面タイプの新型が発売されるように願っております。新型のZモデル、実際に手にとって見るまで詳しくわかりませんが、今から楽しみな端末です。

xperia-tablet-z-1XperiaTablet_Z_背面(黒)XperiaTablet_Z_背面(白)

[ソニーモバイルコミュニケーションズ]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます