ドコモ版「Xperia Z」には赤外線ポートとFeliCaが搭載か

ソニーが海外プレス向けに公開したXperia Zの実機の中に、赤外線ポートやFelicaが搭載されている実機が含まれていたことが判明しました。KDDIがXperia Zを発売する情報は今のところ伝えられていないので、この端末はFCCをすでに通過しているドコモ向け「SO-02E」であると考えられます。

 

Xperia Zはローカライズされ、日本の独自機能にしっかりと対応しつつ、防水・防塵機能も搭載していることから、いわゆる「全部入り」スマートフォンであると言えそうです。また、パープルは一部地域での発売となることが噂されていましたが、画像を見る限りでは日本向けにも3色投入されることが期待されます。

なお、ドコモの春モデル新商品発表会が今月22日に予定されており、その会場でドコモ版Xperia Zが発表されるとみられています。

[besproduct.nl via Blog of Mobile/リンゲルブルーメン]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます