油を使わないで揚げ物が可能な「エアーフライヤー」が登場

ティー・エム・ワイは1月30日、油を使わずに揚げものが可能な「エアフライヤー」を4月20日から発売すると発表しました。希望小売価格は2万9,800円。

b8d6aacbb8

天ぷらや唐揚げなどの揚げ物料理は、油を多く使うことから中性脂肪やコレステロールの増加につながりやすいとされ、とかく健康的ではないイメージがあります。さらに、飛び散った油の掃除や調理器具の洗浄、使用した油の廃棄処理と、とかく手間がかかりがちで、ついつい敬遠されがちです(実際、ネットのクチコミサイトなどを見ていると手間が嫌で揚げもの調理を避けている方も多いようです)。

健康的な調理という面では、食品内部に含まれる余分な脂を落とすことを訴求したシャープのヘルシオなどのウォーターオーブンが有名ですが、こちらも高温水蒸気により抽出された脂がオーブン内部を汚してしまうため、油を使った調理同様、お手入れに手間がかかるというデメリットがありました。

今回発売されるエアーフライヤーでは、高温の空気を高速循環させつつ食材にあてることで油を使った場合と同様にからっとした揚げ物を作ることが可能であるとしています。このことでカロリーを低く抑えることができ、同時に、火や油を使わないことから、前述したような調理の手間を省くことが可能になります。

32

ちなみに、シェーバーなどで有名なフィリップスも同様の製品を海外で販売しており、日本でもAmazonなどから購入可能ですが、こちらは220-240Vへの変圧器が別途必要になります。(※上画像はPhilips公式サイトより引用)

初回販売目標が1,000台とのことで、仮に人気が出たらすぐに売れ切れてしまうかもしれません。「揚げ物が大好きだけど中性脂肪やコレステロールが気になる…」「油の処理が大変なので揚げ物は敬遠している」というような方は、ぜひチェックされてみてはいかがでしょうか。

[Dream News]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます