PlayStation4のプロセッサはCellでなくAMD製か ―WSJ

ウォールストリート・ジャーナルは18日(現地時間)、プロトタイプを見た関係筋の話として、ソニーの次期ゲーム機「PlayStation 4」はAMDのプロセッサを搭載すると報じています。

ps4_amd

同紙によると、PlayStation 4ではAMDのプロセッサを採用し、「PlayStation 3」で採用してた「Cell」は採用しないとのこと。CellはソニーがIBMや東芝と共同で開発したプロセッサですが、その製造価格が高価だったため、同時は高価だったブルーレイディスクドライブと相成って価格を押し上げる原因となっていました。

また、同紙はマイクロソフトの次期ゲーム機「Xbox 720(Xbox ∞)」についても触れており、プロトタイプを見た関係筋の情報によると、Xbox 720は年末に発売されこちらもAMDのプロセッサを搭載するとのこと。「キネクト」の性能も向上しているとしています。

PlayStation 4は4万~5万円で発売されると報じられており、PlayStation 3の発売当初の価格である5万~6万円よりも安くなると予想されています。

価格や発売日を除いた情報は、21日朝8時(日本時間)から開催される「プレイステーションミーティング」で明らかにされる見込みですので、期待して待ちましょう。

[ウォールストリート・ジャーナル via CNET]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます