ブラックベリー、日本撤退を否定

日本経済新聞は8日に「ブラックベリーが日本から撤退する」と報じましたが、リサーチ・イン・モーション・ジャパンは同日その報道を否定するコメントを出しました。同社によるコメントは以下の通りです。

「BlackBerryは、信頼できるパートナーであるNTTドコモとの建設的な関係を築いており、今後も同社による国内でのBlackBerryの販売をサポートしていきます。日本でBlackBerry 10に関する予定は発表しておりませんが、それが日本のビジネスユーザーおよび一般のBlackBerryユーザーの両方にBlackBerryサービスと強力なサポートを提供し続ける、という当社の優先事項に影響するものではありません。」

またブラックベリーを取り扱っているNTTドコモは「ブラックベリーの日本撤退についてコメントを出す立場にはないが、引き続き現行の端末の販売は続け、故障サポートも続ける」とコメントを出しています。

pl438493-480_x_360_pixels_gsm_wifi_2gb_mp3_unlocking_blackberry_cell_phones_9650-500x357

日本経済新聞が8日に報じたブラックベリーの日本市場撤退のニュースは、日本のメディアのみならずウォールストリートジャパンやAll Things Dなどの海外系のメディアにも驚きをもって報じられました。しかし、最終的にこの騒動はリサーチ・イン・モーション・ジャパンが日本市場からの撤退を否定し幕を閉じましました。

[ケータイWatch / 週刊アスキー]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます