エバーグリーン、超小型でフルHD対応のバッテリー内蔵ドライブレコーダーを発売

エバーグリーンは22日、同社の直営ショップ「上海問屋」にて、フルHD(1080p)動画が撮影可能な超小型のドライブレコーダー「上海問屋 DN-84318」を発売しました。価格は微妙に1万2000円を切った1万1999円。

84318-5

ドライブレコーダーもここ数年で急速に普及が進み、カー用品メーカー各社から相次いで新製品が登場したこともあり価格が手ごろになってきましたが、フルHD撮影が可能なものはまだ少なく、さらに1万円台前半で購入できるものはあまり見かけません。

この全くひねりのない朴訥なネーミングの「上海問屋 DN-84318」は、本体サイズが54(H)×48(W)× 24(T)mmと非常にコンパクトで、手のひらに収まる大きさ。マイクやバッテリーも内蔵しており、重さはわずか88gです。

記録メディアには最大32GBまでのmicroSD(microSDHC)カードが利用可能で、シガー電源を用いた場合の録画時間は最大約8時間。録画データは1分/3分/5分刻みとなり、ループ録画撮影(古い動画データから順次上書きされる)も可能。内蔵バッテリーを利用した場合は約20分間の撮影が可能です。

84318-9

撮像素子は1/2.5インチの約500万画素CMOS。レンズは視野角120度の広角タイプで、車輌の前方から左右の状況まで広く撮影できます。本体背面には2インチの液晶モニターが付いているので、撮影した動画をその場で確認することも可能。露出調整は自動で、自動車のエンジンをかけて電源がONになれば自動的に録画がスタートします。

84318-b

万が一の事故の際に役立つのはもちろんのこと、旅行の記録や思い出作りにも最適。公道最速伝説はオレだ!という峠を走るのが好きな方や、隕石落下の決定的瞬間をスクープするんだ!という奇特な方も、フルHDサイズで美しく映像を残してみてはいかがでしょうか。

[上海問屋]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます