またドコモか!世界のLTE速度ランク、ドコモが足を引っ張って日本は9位

英調査会社Open Signalが行った「世界各国のLTE速度調査」によると、日本は9位で平均7.1Mbps。1位で同22.1Mbpsのスウェーデンと比較すると、平均で15Mbpsも遅くなることが明らかになりました。

ただしキャリア別でみると、ソフトバンクモバイルは平均16.2Mbps、KDDIが同14.8Mbpsを記録しています。それにもかかわらず平均が7.1Mbpsという低速になった原因は「NTTドコモ」にあるようです。同社の調査では、NTTドコモは平均5.5Mbpsと、3G世代の回線に等しいスピードを記録。NTTドコモの値が日本全体の平均を押し下げる形となりました。

なお、この調査はAndroidユーザーにインストールされた速度計測アプリから集計されたデータが使用されており、事業者毎のデータが反映されています。

OpenSignal   The State of LTE

ちなみに、調査結果を羅列すると、1位:スウェーデン(22.1Mbps) 2位:香港(19.6Mbps) 3位:デンマーク(19.1Mbps) 4位:カナダ(18.1Mbps) 5位:オーストラリア(17.3Mbps) 6位:韓国(16.8Mbps) 7位:ドイツ(14.0Mbps) 8位:アメリカ(9.6Mbps) 9位:日本(7.1Mbps) となります。

かつては「品質のドコモ」を掲げていたNTTドコモですが、現在では業界2位・3位の足を引っ張る巨体となってしまったようです。

[Open Signal WirelessWire News]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます