NTTドコモ、LTE-Advancedを前倒して2015年に導入 最速187.5Mbpsに

朝日新聞デジタルは20日、NTTドコモがLTEサービス「Xi」の下りの速度を5倍まで高速化する計画を、2015年に前倒しすると報じています。LTEサービスの展開で遅れを取るドコモが他社に先駆けて新技術「LTE-Advanced」を導入する予定です。

 xi1-230x230

Xiの高速化には複数の周波数をまとめて利用する「LTE-Advanced」技術を用い、下り最大速度を現在の37.5Mbpsから187.5Mbpsまで高速化する予定とのこと。この技術は2016年度の導入を目指していましたが、導入が前倒しされた形となりました。

ドコモは19日に、今年3月より700MHz・800MHz・1500MHz・1700MHz・2100MHzの5バンドに対応した基地局アンテナを導入する事を発表しており、LTE-Advanced技術にXiの高速化を託しているようです。参考までに、下記にドコモによるXiの高速化計画についてまとめました。

2010年12月 2.1GHz帯の5MHz幅×2を利用し下り最大37.5Mbpsでサービス開始
(一部地域で10MHz幅×2を利用し75Mbps)
2012年11月 新800MHz帯の5MHz幅×2と1.5GHz帯の15MHz幅×2を利用し、
下り最大112.5Mbpsを実現(東名阪を除く)
2013年 VoLTEのサービス開始予定
2014年1月

2014年中
1.7GHz帯の20MHz幅×2をFOMAからXiに割り当て、
下り最大150Mbpsを実現予定(東名阪地域のみ)
東名阪地域での1.5GHz帯利用開始予定
2015年1月
2015年中
700MHz帯の10MHz幅×2を利用開始予定
LTE-Advanced開始、下り最大187.5Mbpsを実現

[朝日新聞デジタル]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます