NTTドコモ、Tizen搭載スマホの発売を前倒し ―年内発売

NTTドコモの永田清人取締役執行役員は27日、MWC 2013の記者会見において、同社がサムスンと共同開発しているOS「Tizen」を搭載したスマートフォンを年内にも発売すると発表しました。

25日にはTizen搭載スマートフォンが2013年度内に発売されると報じられましたが、それが公式に早まった格好です(2013年度:2014年3月31日まで)。

 スクリーンショット 2013-02-27 10.58.22

Tizenはサムスンやインテルが中心となり、NTTドコモ、韓国KT、パナソニック、NEC、ファーウェイなどが共同で開発を進めているスマートフォン向けOSの名称で、ウェブドキュメントを記述する言語「HTML5」でインターフェイスやアプリケーションが構成されているのが特徴です。

同代表は「Tizenは(Firefox OSに比べても)HTML5のパフォーマンスにおいて最も優れている」と語り、またTizen搭載スマホは中級価格帯に投入するとの考えを明らかにしました。

ドコモが取り扱う予定のTizen搭載端末をどのメーカーが製造するのかが気になりますが、サムスンは早ければ今年7月にもTizen搭載スマートフォンをリリースすると語っており、その端末がドコモ向けに提供される可能性もあります。

一方、KDDIも同じHTML5を採用したスマートフォン向けOS「Firefox OS」を搭載した端末を2013年度内に発売すると発表しており、iOS、Android OSに続く第三極のOSでも、ドコモとKDDIの競争が始まりそうです。 

[日本経済新聞]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます