ソニーがタブレット型コントローラー「EyePad」の特許を出願 ―現実世界のモノをゲーム内に

ソニーがタブレット型コントローラー「EyePad」の特許を出願していたことが今週明らかになりました。

sonyeyepadpatentjt 

<ソニーが特許出願したEyePadの図>

EyePadは、ソニーが2012年の7月に特許出願していたもので、ソニーのPlayStationなどと無線通信することができる入力デバイスです。

出願内容によると、EyePadには、タッチパネル・カメラ・モーションセンサー・スピーカー・マイク・ボタン・スティックなどが備わっており、タッチパネルを利用した操作や、カメラを使って “現実世界” のモノを3Dでゲーム内に取り込むことができるということです。

このEyePadの特許出願が報道されたとき、その名称から米アップルの「iPad」を連想され、模倣品などとする批判の声もありましたが、ソニーは「EyeToy」や「EyePet」など “Eye” を使った名称をEyePadの他にも以前から使用しており、その出願内容からもiPadとは似て非なるものであることが分かります。

どちらかといえば、ディスプレイを搭載したコントローラーである任天堂の「Wii U」に似たアイディアであると言えるかもしれません。

このEyePadが実際にリリースされるかどうかは定かではありませんが、発表を間近に控えた「PlayStation 4」のコントローラでそのアイディアが見れるかもしれません。

[THE VERGE]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます