指先でジェスチャー操作する新技術が登場!タブレットなどに搭載へ

EyeAight Technologies社は、指先によるデジタルデバイスの新しい操作方法についてアナウンスしました。

pointing_win8_4_04_610x285

 スマートフォンやタブレットの普及とともに、デバイスをタッチやスワイプで操作することが当たり前の世の中になりつつあります。最近では街中のデジタルサイネージやカーナビの操作画面ですらマルチタッチ操作が可能になっているほどです。

次世代のマウスと言わんばかりに普及しているタッチ操作ですが、この流れに一石を投じそうなテクノロジーがイスラエルに本拠地を置くEyeSight Technologies社から発表されました。

 同社は今回発表されたテクノロジーを「ユーザーが指先を使ってデバイスをコントロールできる、世界初の商用ジェスチャーテクノロジー」と呼んでいます。

少々分かり難い技術ですが、一言でいうと、操作感は「MicrosoftのKinectそのもの」といった感じです。とはいえ、Kinectはすでに商用化されており、今回発表されたテクノロジーにこれといった革新性は感じられません。では、いったい何が新しいのでしょうか。

それは、ハードウェアの汎用性からくる導入コストの安さにあります。

 Kinectは赤外レーザー・赤外カメラ・可視光カメラと、複数の光学部品から成り立つ、複雑かつ専用のハードウェアが必要となりますが、同社の技術が必要とするハードウェアはノートPCや携帯に内蔵された通常のWebカメラ、又は外付けのWebカメラです。ハードウェア構造の単純さから、Kinectが得意とするような “全身を使ったゲーム” などは難しいと考えられますが、タッチやスワイプの遠隔操作程度では問題なく使えるようです。

操作は簡単で、画面上のカーソルを指で制御し、タップコマンドを入力するには指で宙を切るだけです。PCで使用の場合はエアギターならぬ “エアマウス” というか、ワイヤレスマウスをマウスなしで動かすような感じで操作します。

 このジェスチャーテクノロジーは、TV・セットトップボックス・PC・車載情報システム、さらにはデジタル広告看板などの様々なデバイス上で動作するとのことです。もちろん、実際に画面をタッチするわけでは無いので、スクリーンがタッチに対応している必要はありません。

現在、Windows・Android・Linuxプラットフォーム用の開発環境(SDK)が提供されており、さらにハードウェアメーカーと新技術実装のために協力しているとしており、今年中にもこのシステムが搭載された製品が発表されるとのことです。

個人的には、PCは前に座り、タブレットは手に持って使うのが基本だとは思うのですが、TVやセットトップボックス、車載情報システムの操作は是非試してみたいです。

[CNET]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます