現在所有しているPS3ディスクの扱いは”まだ何も決まっていない”―SCEハウスCEO

米ソニー・コンピュータ・エンターテインメント社長兼グループCEOのアンドリュー・ハウス氏は22日、 本田雅一氏のインタビューに答える形で、PlayStation 4(PS4)における販売済みPS3ディスクの対応可否について、「まだ何も決まっていない」と答えています。

231542

ソニーは昨年、PlayStation 4にPlayStation 3との互換性を維持させるためにクラウドゲームサービスの「Gaikai」を買収しており、これにより同社の技術を導入したPS3タイトルのオンライン配信が伝えられていました。しかし、既に発売済みでユーザーが所有しているPS3のゲームディスクの使用可否については、これまでほとんど伝えられていません。

2013年内の発売開始というタイミングを考えると、最終的な経営判断がどちらに転んでも対応できるように、現時点である程度ハード面での準備は進められているとみられています。個人的にはなんとか対応をしてほしいものですが、いずれにしてもさらなる続報が待たれます。

[impress AV Watch]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます