サムスン、Galaxy CameraのWi-Fi限定モデルを発表

サムスンは、Android搭載デジタルカメラ「GALAXY Camera」にWi-Fiモデルを追加しました。

GalaxyCamera-480x327

同社は、昨年から3G/LTEといったモバイル通信に対応したGALAXY Cameraを一部の地域で発売していますが、今回発表されたものはモバイル通信に非対応の ”Wi-Fiモデル” となっており、価格も(具体的には発表されていないものの)3G/LTE対応モデルに比べ低くなるとしています。

その他のスペックは3G/LTE版と共通で、以下のとおりです。

搭載OS Android 4.1
ディスプレイ 4.8インチ
解像度 1280×720
CPU 1.4GHz クアッドコア Exynos 4412R
RAM 1GB
内蔵ストレージ 8GB
外部ストレージ microSDHD 最大32GB
背面カメラ 1600万画素21倍光学ズーム(23mm)
対応ネットワーク Wi-Fi802.11 a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0に対応
NFC 未対応
バッテリー容量 1650mAh(バッテリー取り外し可能)
サイズ 128.7(H)×70.8(W)×19.1(T)mm
重さ 300g

また、カラーバリエーションは従来のホワイトとブラックに加え、Wi-Fi版限定色となるレッドが追加されています。実際の操作性撮影画質については当サイトの管理人がレビューを作成していますので、興味のある方はご覧になってみてください。

[Techrador]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます