サムスン、Galaxy Note 8.0を正式発表

サムスンは23日(現地時間)、新型タブレット端末「Galaxy Note 8.0」を発表しました。「Sペン」を搭載し、3Gモデル・LTEモデル・Wi-Fiモデルが用意されます。

 その名の通り、8インチのディスプレイを備えているのが特徴ですが、サムスン製端末でお馴染みの有機EL(AMOLED)ではなく、1280×800ドット表示の液晶ディスプレイが採用されています。もはや、ここまで来るとファブレットカテゴリではなく、タブレットそのものといったところです。

samsung-galaxy-note-8

Galaxy Note 8.0には人が見ているとディスプレイを点灯し続ける「Smart Stay」、Sペンを近づけるだけで画面の操作ができる「Air View」、別のウィンドウでビデオ再生やノートが取れる「ポップアップビデオ」「ポップアップノート」、「AllShare Play and Cast」、「マルチウィンドウ」といった機能が搭載され、さらにSペンを活用する「Sノート」「Sプランナー」といった公式アプリや、「Flipboard」「Wawsome Note」といったサードパーティーアプリもプリインストールされています。なお、戻るキーとメニューキーはSペンによる押下にも対応。完全なペン操作を実現しています。

サムスンは「Galaxy Note 8.0を電子書籍やリビングで調べ物をするのに使ってほしい」としており、書籍を読みやすくする「読書モード」も搭載されています。販売時期は4月~6月ですが、詳細な販売地域と値段は未定です。

スペックは以下の通りです。

搭載OS Android 4.1.2 Jelly Bean
ディスプレイ 8インチ TFT液晶
解像度 1280×800ドット
CPU Exynos 4 Quad 1.6GHz
RAM 2GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSD
対応ネットワーク HSPA+(850 / 900 / 1900 / 2100MHz )
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.0
バッテリー容量 4600mAh
サイズ (210.8)×(135.9)×(7.95)mm

[Engadget英語版]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます