コントローラ付きAndroidゲーム機「GameStick」 4月30日発売

以前より、ガジェット速報において、TVに繋いで遊べるAndroidゲーム機「GameStick」について紹介してきましたが、ついに13日、一般ユーザー向けの製品版を4月30日より発売されることが決定しました。

gs2 

すでに予約受付も開始しており、価格はコントローラと本体のセットが79ドル(約7400円)。また、別売オプションについても正式に発売が決定しています。価格については、本体を置くだけで充電できるドックが24.99ドル(約2340円)、コントローラを収納するロゴ入りケースが9.99ドル(約940円)となっています。

gs4gs9

予約受付の手続きを進めてみたところ、Amazon.comのアカウントを使用して入金や発送の手続きを行なうため、アカウントさえあれば日本からでも購入が可能でした。なお、送料は24.99ドル(約2340円)となるため、本体のみの購入の場合、合計で103.99ドル(約9720円)となります。

本体の発売も決まり、後はGameStickならではのオリジナルゲームタイトルが気になるところですが、この辺りについては本体購入後の動作確認時にチェックしてみることにいたします。

なお、製品情報のサイトによると、オープンソースのメディアプレーヤーソフト「XMBC」やDLNA対応についてのアナウンスがあり、9月のファームウェアアップデートで対応予定とのことです。 

[GameStick]
[過去記事 – TVに繋いで遊ぶ携帯型Androidゲーム機「GameStick」]
[過去記事 – コントローラ付きAndroidゲーム機「GameStick」が約6000万円の資金獲得して製品化へ]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます