HTC Sourceは、独自の情報筋により、未発表端末「HTC M7」が3月8日発売であることや、2色展開であることを伝えています。

 oem_htc_m7_housing_4_

HTC M7は次期フラグシップスマートフォンとして、auから「HTL22」として発売されることが有力視されている端末です。

HTCは2月19日に米国と英国でプレスイベントを開催しますが、その中でHTC M7や新UI「Sense 5.0」が発表されると噂されており、サムスンに先駆けてフラグシップ端末を投入することで2〜3ヶ月のアドバンテージを得ることになります。

また、HTC M7のカラーは「black」と「white&silver」の2色展開になるとしています。

なお、外装写真が既にリークされていますが、この件に関して同サイトは「ツートンカラーには向かないデザインのため、リークされたものとは違うデザインである可能性がある」としています。以前に噂されていた「HTC One Sに似たアルミニウムボディ」の可能性もあるとしており、現時点ではどのようなデザインになるかはハッキリしていません。

噂されるHTC M7のスペックは、4.7インチフルHDディスプレイ、1.7GHz Snapdragon S4 Pro クアッドコア、1300万画素カメラや2300mAhバッテリー搭載などです。

発表から発売までの期間が約2週間となると、購買意欲がそそられますが、auからも発売が噂されているだけにリリース時期が気になるところです。

[HTC Source via phone Arena]