シャープのPC用IGZO搭載「4Kディスプレイ」が秋葉原で展示 ―購入は受注扱い

シャープ製IGZOパネル採用の32型4K2Kディスプレイ「PN-K321」の展示デモが、20日から秋葉原で行われます。現時点で判明している店舗は「PC DIY SHOP FreeT」。展示だけでなく購入も可能とのことですが、1か月待ちの受注扱いとなります。価格は39万8000円(税込)。

スクリーンショット 2013-02-20 11.52.56

PN-K321は、32型の大きさで4K2Kの解像度(3840×2160,140ppi)という、超高精細ディスプレイであるのが特徴です。IGZO技術を採用することにより、1画素あたりの透過量を上げることで高輝度化も実現しています。

この製品の顧客ターゲットは主にビジネス向けで、CGやデザインなどの専門家、表示される情報量が重視される金融などの業界、医療機関などが利用することを想定しています。

主なスペックは以下の通りです。

液晶パネル 32型ワイド TFT液晶
バックライト LED
最大解像度 3840×2160ドット
最大表示色 約10.7億色
輝度 350cd/㎡
コントラスト比 800:1
視野角 左右、上下共に176°
表示画面サイズ 392.6(H)×697.9(W)mm
応答速度 8ms
入力端子 DisplayPort, HDMI×2, φ3.5mmミニステレオジャック
出力端子 φ3.5mmミニステレオジャック
スピーカー 2W + 2W
消費電力 最大93W
外形寸法 441(H)×750(W)×35(T)ディスプレイ部のみ
489〜634(H)×750(W)×256(T)mm(スタンド含む)
重さ 約7.5kg ディスプレイ部のみ
約13.0kg 合計重量

このディスプレイを使用するために要求されるスペックは高く、AMD FirePro W600搭載カードなどのハイスペックビデオカードが必要となり、約40万円という価格も相まって導入のハードルは高いようです。

ちなみに冒頭で受注扱いによる購入と記載しましたが、同店ではどうしてもすぐに購入したい場合は展示機の販売も行うとのことです。「最先端のディスプレイなら見てみたい!」という方は、展示デモに足を運んでみるのもよいかもしれません。

[hermitage akihabara / AKIBA PC Hotline via The AMD’s Cafe]
[シャープ]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます