Siriにライバル 無料音声アシスタント「Indigo」がAndroidとWP8に登場

スペインで開催中のMWC 2013において、Artifical Solutions社が、音声によるスマートフォン操作を可能にする人工知能アプリ「Indigo」を発表しています。

indigo-showstoppers-blog_610x458

このIndigo、ウェブ検索と内臓コマンドリストに加えて、Siriでも対応しているナレッジエンジン「Wolflam alpha」を駆使してユーザーの質問に返答します。実際、音声の検出精度もなかなか高いようで、騒がしいMWC会場内でもCNETの記者が尋ねた「今週のバルセロナの天気は?」という質問に対して完璧に応答しています。

さらに、アプリケーションの起動やメールの作成・送信、SNSへの投稿などが可能であり、音声で回答を読み上げる機能こそ示されていないものの、機能の充実度としてはSiriと遜色ないような印象を受けます。

無題vv無題mmn

加えて、このIndigoの最大のメリットとして、AndroidやWindows Phone 8、iOS(こちらは「まもなく」とのこと)、ウェブブラウザ(ブラウザ種類には触れず、こちらも「予定」)といった複数のプラットフォームを跨いだ同期が可能という事があります。また、製品化に関する具体的な予定はまだ決まっていないとしつつも、大手のTVメーカーや車メーカーとも話を進めているとのことです。

このような音声アシスタンスはSiriやGoogle Nowが際立って注目されてきましたが、他のプラットフォームでも同様の機能が使えるようになるのも、そう遠くはないかもしれません。現時点では英語のみ対応しているとのことですが、ぜひとも日本語を含んだ多言語展開をしてほしいものです。

 

[CNET]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます