Instagram絶好調?世界的トップブランドの約6割がInstagramを活用

Slashgearは19日(日本時間)、Simply Measuredの報告として、Nikeなど世界的に事業を展開しているトップブランドの約60%が、広告やPR活動にInstagramを活用していると伝えています。

instagram-nike

Simply Measuredは、SNSなど各種ソーシャルサービスの分析事業を行なっている米国の会社です。同社CEOのAdam Schoenfield氏によると、Instagramには現在およそ9千万人のアクティブ・ユーザーがおり、消費者と企業をつなぐ強大なチャンネルになっているとの事です。

特にアディダスやラルフ・ローレン、ナイキなどのアカウントは既にフォロワーが10万人を超えており、これらの企業のブランド・エンゲージメントは最近目覚ましい勢いで向上しているとしています。

45ee3152590x592xburberry.png.pagespeed.ic.Iu80ItGyf8

日本の芸能界でも女性有名人を中心に利用者が急速に増えているInstagram、まだまだ一般の認知度は低い水準にありますが、ユーザーの年齢分布に大きな偏りがなく、使用頻度も比較的高くなっていることから、今後存在感を増してくるかもしれません。

1c2a963994c978c8c6c57117b634ba381fc797dbe1a01196b7f014472454072a12

(注釈:http://media.looops.net/sekine/2012/08/15/line_201208/より引用)

[Simply Measured]
[Slashgear]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます