米アップル、日本地図の改善を含むiOS 6.1.3 beta2をリリース

米アップルは21日(現地時間)、開発者向けに「 iOS 6.1.3 beta 2」をリリースしました。このバージョンではロックスクリーンがパスコードの入力をせずに解除できる問題が修正されています。

スクリーンショット 2013-02-22 10.03.34

またBGRによると、このベータバージョンには日本地図の改善も含まれており、音声案内の改善・有料区間の告知・案内の最適化・分岐表示の最適化・鉄道の標識の追加・高速道路の色の変更・消防、病院、郵便局のカテゴリ更新・東京駅、皇居、東京タワーの正しい3D表示といった改善が含まれているとのこと(リンク)。

iOS6.1.3はもともとiOS 6.1.1として日本地図の改善を主目的にリリースされる予定でしたが、iOS 6.1のiPhone 4Sにおける3G通信の障害を修正するためにiOS 6.1.1がリリースされ、その後Exchangeバグによるバッテリーの過剰消費を修正するiOS 6.1.2がリリースされ、今回はロックスクリーンのセキュリティ問題を修正するために6.1.3がリリースされるという慌ただしい経緯をたどっています。iOSのバグフィックスも当然必要な修正ですが、日本のユーザーとしてはいち早い日本地図の修正が待たれます。

[9to5Mac / BGR]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます