米アップルはサポートページにて、iOS6.1でExchangeサーバーを利用した時に起こるバッテリーの過剰消費問題を次回のソフトウェア・アップデートで改善すると発表しています。

 exchange-ios

iPhoneのバッテリーの過剰消費は、iOS6.1でマイクロソフトの「Exchange 2010 SP1」やそれ以降のバージョン、あるいはExchange Onlineを利用した場合に発生します。具体的にはカレンダーを同期しようとするとExchangeサーバーとの間に異常な通信状態が発生し、iPhoneのバッテリーが過剰に消費されてしまう現象が発見されています。

アップルはこの問題を認知しており、アップデートが配布されるまではiPhoneでExchangeサービスを利用しないように呼びかけています(設定方法)。

iOS6.1では「iPhone 4S」において3G通信に問題が見つかり緊急でアップデートが配布されたり、スクリーンロックに問題が発見されたりと様々な問題が散見されます。次期バージョンでは日本の地図が大幅にアップデートされるとも伝えられていますが、まずは現在見つかっている問題が早急に解決されることを望みます。

[Apple via TheVerge]