2012年第4四半期に売れたiPhone 4Sは2000万台 ―全体の4割

DigiTimesが伝えるところによると、アップルが2012年第4四半期(10月~12月)に販売した計4780万台のiPhoneのうち、iPhone 4Sは約2000万台で全体の約4割を占めたことがサプライチェーンの話から判明しました。

iphone5-12051701

iPhone 4SはiPhone 5に比べて安価に購入できる一方で性能は十分であり、コストパフォーマンスに優れているために選択されていると、情報元は分析しています。

ここ数年アップルはiPhoneの販売国を増やしていますが、日本のように通信キャリアが最新機種にも大幅値下げを展開する国や、消費者が少し高いものでも購入できる余裕のある国ばかりではありません。2012年末の時点で101の国と地域で販売されているiPhoneですが、発展途上国といわれる国々でも取り扱われるようになってきました。

特に旧来のファンがiPhoneに求めてきた革新性やプレミアム感は、経済的に余裕のない消費者にとっての「求める携帯電話」とは方向性が違います。これからさらに販売を拡大するには、もはや頭打ちになったといっても過言ではない「先進国の消費者による需要」ばかりではなく、今まさに伸びている「途上国の消費者による需要」にも応えざるを得ない状況になってきています。

現在までは一世代前のiPhoneを販売することで対応していますが、古い製品を長期間製造するのは基本的にコストのかかることです。

安いiPhone 4Sが売れている事実を考えると、最近噂の絶えない「廉価版iPhone」の販売はある程度必要なことなのかもしれません。

[DigiTimes via 気になる、記になる…]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます