iPhone5Sに搭載される新型プロセッサ「A7」の画像が流出

iOS Docは18日(現地時間)、非常に信頼の置ける関係者の投稿として、iPhone5Sに搭載されると思われる新型プロセッサ「A7」と、それを搭載したメインボードの画像を公開しています。

 gsmarena_001

「A7」とは、iPhone5Sに搭載が予想されている新型プロセッサです。iPhone 5には「A6」、第4世代iPadには「A6X」、そしてiPad miniには「A5」が搭載されています。

iOS Docによると、この投稿者は古くからたくさんの噂を的中させてきた人物なので、iOS Docはこの写真は本物だと確信しており、またこの写真を手に入れるのには非常に苦労したとしています。

同サイトによると、写真にあるメインボードのサイズがiPhone 5と変わらないので、iPhone5Sの画面サイズは4インチであると推測しています。確かに、分解されて明らかになったiPhone 5のメインボードと比較すると、少なくとも縦サイズは変わらないように見受けられます。

予想されるA7のスペックはCPUはクアッドコアで1.2GHz駆動・GPUはSGX554MP4・デュアルチャンネル接続の2GB LPDDR-800です。

ついにiPhone5Sのメインボードと思われる流出が来ました。A7はクアッドコアに刷新されるとみられていますが、ダイサイズ(プロセッサの大きさ)がA6と変わらないように見受けられます。

[GSM Arena]

2013/02/19 08:14 GMT+9
誤解を与える恐れがある為、プロセスルールに関する見解を削除しました。

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます