Patently Appleは6日(現地時間)、中国のWant Daily紙の記事を引用して、「iPhone7」のフレキシブルプリント基板の供給元として、米アップルが台湾のFLEXium社を指定していると伝えています。

FLEXium

フレキシブルプリント基板は電子製品によく使われる柔軟性のあるプリント基板で、用途に応じて大きく変形させることができる部品です。

FLEXium社はこれまでもアップルに部品を供給していましたが、数社ある供給先の一社というポジションでした。

Patently Appleは、「極めて早い段階で部品調達先が台湾企業に指定された」という報道と「部品メーカー2社が生産の一部を台湾に移した」という報道を踏まえ、iPhoneの生産拠点が中国から台湾にシフトしていくのではないかと推測しています。

中国を拠点とするFoxconnでは従業員によるデモなどのトラブルが頻繁に伝えられており、生産拠点を分散するのではないかという噂が以前から言われてきました。iPhone5Sの次の世代となるiPhone7(またはiPhone6)の部品はリスク回避が図られているのかもしれません。

[Patently Apple]