Mastercard、次世代決済システム「MasterPass」を発表

Slashgearは25日、マスターカード・ワールドワイド(MasterCard)がスペインのバルセロナで開催中のMWC 2013の会場にて、次世代型デジタル決済サービス「MasterPass」を発表したと報じています。

MasterCard-Worldwide1

記事によると、同サービスはオンラインや実店舗など、どんな場所からでも、マウスでのクリックあるいは画面でのタップやタッチだけで、あるいは様々な種類の決済カードや対応するデバイスを利用して買い物を行うことができるのことです。

20130225mastercard1 

より具体的には、店頭やレジはもちろん、NFC、QRコード、電子タグ、モバイル機器などを使った決済が可能になり、一般的なプラスチックカードにも対応するとのことです。さらに、オンライン・ショッピングでは、配送先やカード情報を購入するたびに入力する必要がなくなり、シンプルな購入手続きを実現可能であるとしています。

他にも金融機関や小売店が独自のウォレット・サービスを構築することが可能になるなど、何かと便利そうなこのMasterpassですが、日本地域でも展開を予定しているようです。スマートフォンを利用した決済がより主流なものになってくるなど、近い将来、電子決済シーンに大きな変化が生じるかもしれません。

[Slashgear][日本経済新聞]

aaa

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます