東京メトロ、Wi-Fiを利用した情報配信サービス「MANTA」を開始

東京メトロは、2月14日からWi-Fiを利用した情報配信サービス「MANTA」を試験的に開始します。

manta

「MANTA」では、専用アプリをスマートフォンに入れ、東京メトロの各駅に設置されているWi-Fiを通じて滞在駅の時刻表や駅構内図、各路線の運行情報といった鉄道情報、わずかな時間で読めるコンテンツが配信されます。また、専用アプリでは15分以内のインターネットアクセスが無料利用できるのが特徴です。

対応端末はAndroid 2.3以上(3.xを除く)、iOS 5.1以降の端末。Google PlayストアならびにApp Storeを通じてアプリが無料配布されます。

2月14日から開始される駅は、銀座線全駅・北千住駅(千代田線のみ)・秋葉原駅・銀座一丁目駅・大手町駅・有楽町駅・日比谷駅・六本木駅・新宿3丁目駅・新宿駅・高田馬場駅・池袋駅・小竹向原駅。東京メトロによると、今後は東京メトロ全駅に順次展開するとしています。

[東京メトロ]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます