次世代iPadはシャープとLG製パネル、薄型タッチスクリーン搭載か

DigiTimesは31日(現地時間)、業界筋の情報として、米アップルの次世代iPad(通称iPad 5)はiPad miniと同じ「G/F2(DITO)」という薄型のタッチスクリーンを搭載し、パネルはシャープとLGが供給するだろうと伝えています。

ipad-mini-chinaaaaaaaaa

情報によると、現在のiPadは「G/G」というタッチスクリーンを搭載していますが、次世代iPadではiPad miniにも採用されている「G/F2(DITO)」に移行するとのことです。それにより本体を薄く・軽くすることができ、また「one-glass solution(OGS)」よりも部品の供給が円滑に行えるとしています(OGSとは保護カバーガラスにタッチセンサーを形成する技術)。

そして、次世代iPadはiPad miniと同じ様に日本企業の「日東電工」の薄型フィルム素材と、「日本写真印刷」のタッチスクリーンに関する部品を搭載するとされています。パネルはLGとシャープが提供を行い、台湾のTPKもタッチスクリーンの製造に参加するとのことです。

先日は次世代iPadのものと思われるiPad miniそっくりな背面部品が流出し、今度は次世代iPadの薄型パネルについての情報が飛び込んできました。様々な情報はどれも「次世代iPadがiPad miniと同じデザイン」になり「形状は薄く軽くなる」ことを示しています。この状況を見るに次世代iPadのデザインがiPad mini風に変更される可能性はかなり高そうです。

[DigiTimes]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます