Nikon Rumorsが伝えるところによると、今秋頃にハイエンド・プロ仕様の一眼レフ機となるD4x(仮称)を発売する可能性があると伝えています。

Nikon-D4

※画像はD4+AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

 現在のところ判明しているスペックは以下の通りです。

  •  ニコンD4と同等のボディ
  • ローパスフィルタを使用せず、カメラ内でのモアレ削減などの改良を加えたニコン製3600万画素センサー
  • 約6コマ/秒の連続撮影
  • いくつかのビデオの改善
  • D4よりも数百ドル程度高い価格
    ※D4の価格を5996.95ドル(約55万9800円)とした場合

D4と同クラスのボディである点や、3600万画素のセンサーを用いていることから、D4にD800シリーズのシステムを移植したようなハイエンド機種となりそうです。また非常に画素数が多いにもかかわらず毎秒6コマの連続撮影を可能にしている点も、D800シリーズとの差別化に繋がっているように思われます。

Nikon Rumorsではこの情報の信憑性を60%程度だとしており、今年中にFXフォーマットの機種を1機種と、さらにDXフォーマットのハイエンド機を1機種発売するだろうと予測しています。

[Nikon Rumors]