マイクロソフトは27日、クラウド利用のOfficeサービス「Office365」の最新バージョンを日本でも提供開始しました。

Office 365はクラウド経由で最新のOfficeソフトウェアを月額単位で利用できるマイクロソフトのサービス。ブラウザベースだけでなく、通常のインストールされるアプリケーション形式でもOfficeを利用できるのが特徴。

365_1

従来のOffice 365は企業向けサーバー製品としての意味合いが強く、「Exchange Online」や 「SharePoint Online」、「Lync Online」などのサーバーアプリケーションの利用がメインで、一般ユーザーに大きな影響があるであろう「月額課金のOfficeアプリケーション」については、通常のパッケージ版と同等の物をダウンロード/インストールして利用する作りになっていました。ところが、最新バージョンではクラウド連携を利用したOfficeアプリケーション「Office 365 ProPlus」が新たに導入されたのが特徴です。

Office 365 ProPlusが利用可能なライセンスについては3種類のバリエーションがあり、個人でも利用が可能な「Small Business Premium」も用意。1ユーザー辺りの価格は年契約の場合で1万2360円(月額1030円)、月契約の場合で1250円となります。Small Business Premiumではこの値段で最大10ユーザーまでが利用でき、1ユーザー辺り最大5台のデバイス上で利用できる契約となっております。

含まれるアプリケーションは「Excel」「Word」「PowerPoint」「OneNote」「Outlook」「Publisher」「Access」「Lync」「InfoPath」の最新バージョン。そのほか従来同様、Exchange Server Online、SharePoint Online、Lync Onlineなどの利用も可能です。

365_2

アプリケーションはオフラインでも利用できるようにPCにインストールされますが、新機能が追加された場合などは随時クラウドからストリーミングで配信されるため、常に最新の状態に同期されるのが特徴です。また、Windows/Macの両OSに対応(Windows 7/8、Mac OS X 10.6以降)しているので、今までMac用とWindows用に個別にOfficeパッケージを購入していた方にはうれしい選択肢になるかもしれません。

ちなみに、今年2月に発売したパッケージ版の「Office Personal 2013」は最大2台のPCへのインストールが可能で、利用期限は特にありません。価格は31290円ですが、期間限定のキャンペーン価格なら2万5997円(Amazon価格)でも購入できます。 

365_3

一見するとOffice 2013を買った方がずっと使えてオトクに感じますが、将来的にOfficeのアップデートがあることを考えた場合、常に最新状態のOfficeが利用できるというメリットを考慮すると、どちらにも利点はあるように感じます。また、Office Personalに含まれるアプリケーションはExcelとWord、Outlookの3本のみとなりますが、365の利用ではPowerPointやAccess、OneNoteなど、通常6万2790円もするProfessionalのパッケージ版相当のアプリが利用できるため、用途によっては非常にオトクになると言えます。

ただし、Officeを個人で利用するユーザーの多くが、WordとExcel、PowerPointくらいしか使わないことを考慮すると、この代表格の3本だけが利用できるような、より個人向けに適したライセンスを用意し、月額500円くらいで利用できるようにすればかなり売れるのではないかと、個人的には思います。

[ニュースリリース]
[製品情報]