近日、中国の大気汚染が西日本を中心に飛来するなどニュースを賑わしています。中国の大気汚染には「PM2.5」という微小粒子状物質が含まれており、コンビニなどで購入できる一般的なマスクも効果が無い物が多く、中国では空気清浄機が飛ぶように売れているそうです。

空気清浄機といえば、シャープの「プラズマクラスター」やパナソニックの「ナノイー」などウイルスや細菌抑制に効果がある独自技術を搭載した空気清浄機が有名ですが、その技術が果たして効果があるのか疑問視する意見もあります。

そこで、各社の独自技術を抜きにPM2.5に対して効果がある空気清浄機能として、0.3μmの粒子(PM2.5は2.5μm)を99.97%以上の捕集効率を誇る「HEPAフィルター」について紹介していきます。

PM2.5はどういう物質なのか知っている方も多いと思いますが、はじめにおさらいとして説明します。

PM2.5とは

粒径2.5μm以下の小さなものを微小粒子状物質をPM2.5と呼び、自動車の排気ガスや煙などにも含まれる物質です。非常に細かい物質であるため肺などの奥深くに入り込みやすく、多く吸い込む事で呼吸器系の健康障害が発生する可能性があります。

PM2.5_photo

Credit:東京都環境局

図をみても分かる通り非常に小さな物質で、花粉よりも小さい事から花粉対策用のマスクでも防ぐことができない物質です。

HEPAフィルターとは?

HEPAフィルター0.3μmの粒子(PM2.5は2.5μm)を99.97%以上の捕集効率を誇り、直径1~10μm以下のガラス繊維から出来ています。

古くは1940年前後からアメリカで放射性粉塵用として開発され、戦場の簡易クリーンルームにも使用された歴史もあり、最近では家庭用空気清浄機にも多く搭載されています。

56f31dd5-7156-416c-aa30-754deef56106

Credit:シャープ

また、HEPAフィルターの上位フィルターとして「ULPAフィルター」というものも存在し、ULPAフィルターは0.15μmの粒子に対して99.9995%以上の捕集率を備えていいます。

しかし、ULPAフィルターはHEPAフィルター以上にきめ細かいフィルターであるため、粒子の吸着によって目詰まりを起こしやすく、HEPAフィルターよりも頻繁にフィルターの掃除をしないと空気吸引力が低下してしまうというデメリットも存在します。 

HEPAフィルターも長時間フィルターの掃除をしないと空気吸引力は低下してしまいますが、家庭用空気清浄機のように長時間稼働し続ける場合は、使いやすさの点からHEPAフィルターが多く利用されています。

ただ、PM2.5は2.5μm以下の物質であるため、HEPAフィルターやさらに高性能のULPAフィルターを搭載した空気清浄機を使用していたとしても捕集できる粒子以下の物質には効果が期待でない場合もあり、PM2.5を完全には防ぐことはできませんが、PM2.5を抑制するという点では十分な効果を期待出来ます。

HEPAフィルターが搭載されている空気清浄機はシャープの「プラズマクラスター」や日立の「クエリア」など、各社から多くの空気清浄機が発売されており、ダイキンでは目詰りしにくい独自開発の「新・電気集塵方式」フィルターも登場しています。

PM2.5のニュースを見て、空気清浄機の購入を検討されている方も多いと思いますが、今回紹介させて頂いた、古くから利用されPM2.5に対して一定の抑制効果も期待できる「HEPAフィルター」の記事が参考になると幸いです。