キングジム、ポメラの薄型軽量モデル「DM25」を発売

キングジムは26日、デジタルメモ「ポメラ」シリーズに折りたたみ式で最薄となる「DM25」を発表しました。発売は3月8日を予定、価格は定価で2万9400円。

pomera-001

ポメラと言えば、「メモしかできない」という一見不便な用途が逆転の発想によってビジネスマンを中心に大ヒットした端末シリーズですが、製品の高度化が計られ多機能化が進むにつれて端末も大型化し、同時に高価格化にも繋がったことから一部で不評となっていました。しかし今回発表されたDM25は原点回帰とも呼べる折りたたみ式の小型端末となっています。

DM25の最大の特徴は薄型化。ベースとなった機種「DM20」は天板を好みに応じて取り替えられるジャケットカバー方式を採用していましたが、DM25ではジャケットカバーを無くして折りたたみ時の薄さを29mmとし、より携帯性を高めています。

性能面でも強化が図られ、最上位機種である「DM100」で好評だった「縦書き表示」、「フレーム表示設定」、「グリッド表示」などを搭載し、PC版ATOKユーザー辞書の取り込みも可能に。保存可能文字数も1ファイルあたり3万文字と大容量化が計られ、より便利で快適な利用が可能となっています。

pomera-002

※画像はDM100

キーピッチは従来のDM20と同じく17mmを確保。キーはパンタグラフ式でしっかりとした打鍵感があり、標準的なJIS配列で打ちやすさにこだわった作りに。ストレージとして内部メモリに105MB(システム領域含む)、外部ストレージには最大32GBまでのSDHCカードが利用可能。ディスプレイには5インチTFT・モノクロLCDを採用し、解像度はVGA(640×480px)。電源は単4乾電池2本で、アルカリ乾電池なら約20時間、エネループなら約15時間使えます。

本体質量は360g、サイズは折りたたみ時が約145(W)×100(D)×29(H)mm、展開時が約250(W)×110(D)mm。折りたためば文庫本程度のサイズとなります。PCとの接続にはSDカードを用いるほか、USB接続も可能です。

起動からわずか2秒で使える快適さも従来通り。DM100相当の機能と性能をDM20に搭載した本機ですが、高機能性と携帯性の両立を上手く果たしていると言えそうです。

pomera-003

執筆業を生業とする筆者の視点で見ると、非常に魅力的な反面従来機種から感じている惜しい部分も見え隠れしてきます。文字入力に特化したスタイルは非常に使いやすく、あらゆる場面で軽快に使いたいのですが、キーボードバックライトが存在しないことがこのシリーズの唯一の欠点となりつつあります。

プロジェクターを用いたプレゼン会議の場や製品発表会といったような会場では、照明が落とされ手元が暗くて見えない場合が少なくありません。そういった場面でこそテキスト入力に特化した端末を使いたいところですが、キーボードが見えないのはブラインドタッチができる筆者でも非常に心許ないところ。またDM100以外の機種にはディスプレイのバックライトも無いのが若干残念です。

ただし、そういった欠点を補って余りあるほどの魅力がポメラにはあります。ノートPCを持ち歩くほどではないけれどスマートフォンやタブレットでは文字入力が不便、といったような場面で、ポメラは実に軽快に利用出来ます。DM25の登場により、より自分の用途にあった機種選択ができるようになったことは素直に喜びたいところです。

[キングジム]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます