「PS4」の部品製造は4~6月、組立は7~9月と台湾メーカー語る

DigiTimesは22日、中国の経済誌Economic Daily Newsに掲載されたニュースとして、PlayStation 4の部品の製造は4~6月に行われ、その部品は7~9月に組み立てられるだろうと伝えています。

WS0000192-500x280 

PlayStation 4の部品製造には電源部品としてDelta Electronics、コネクターとしてCheng Uei Precision Industry(Foxlink)、温度関係の部品としてFoxconn Technologyが参加し、部品の出荷はQ2(4月~6月)に行われるとのことです。 

そして、本体の組立はFoxconn ElectronicsとPegatron Technologyが担当し、Q3(7月~9月)に行われるだろうとしています。

PlayStation 4の発売は年末になると正式に発表されましたので、このスケジュールは極めて妥当なものと思われます。PlayStation 4の部品製造と組立の両方に関わるFoxconnは中国に生産拠点を構え、iPhoneやiPadの製造も請け負っているEMS(電子機器受注生産)企業であり、もはや世界の製造業は中国抜きに語ることは全く不可能な時代となったようです。 

[DigiTimes]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます