PlayStation4の価格は4万3500円前後 ―Times紙

The Timesは19日(現地時間)、内部資料のリーク情報として、ソニーの次世代ゲーム機「PlayStation 4」の価格は300ポンド(約4万3590円)になるだろうと報じています。

 caca-620x-500x298

さらに同紙は、ソニーの幹部はPlayStation 4を次世代Xbox(通称Xbox 720)の後に発売することを狙っているため、正確な価格やスペックは20日に開催されるイベントでは公開しないだろうとも報じています。

現行機種「PlayStation 3」の初期モデルでは60GBが5万9980円、20GBモデルが4万9980円で発売されましたので、PlayStation 4は発売当初から前モデルより安い値段で発売されることになります(発売時価格比)。PlayStation 3の立ち上がりが鈍った原因として「高価格」であったことが要因として挙げられることが多く、今回はそれを踏まえた価格設定が行われているのかもしません。

PlayStation 4にはAPU(CPU+GPU)にAMDの「A10」が採用されると噂されており、従来のCellとは違ってx86アーキテクチャになるとみられています。汎用的なプロセッサを使うことで筐体価格を下げられるだけでなく、同じくx86を採用するとみられるXbox 720(Xbox ∞)との間でゲームソフトの移植性を高めることにも繋がりますので、結果的にゲームソフト開発会社のコストを抑えることに寄与します。

ソニーはPlayStation 4の設計に際してゲームソフト開発会社に度重なるヒアリングを行っていると伝えられており、開発現場の声とユーザーの声の両方を反映した価格・スペックになるものとみられます。

[The Times / Destructoid / VG247]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます