スマホ利益の103%をアップルとサムスンが占める

Canaccord Genuityは2012年のスマートフォン製造業者の利益でみたシェアを公開し、その結果、2012年にアップルとサムスンが合計で103%のシェアを獲得したと伝えています。

 canaccord-130206

Credit:Canaccord Genuity / Apple Insider

なぜアップルとサムスンの合計の数値が100%を超えているのかというと、ノキアがスマートフォン市場の利益から見て2%の赤字、モトローラとソニーが合計で1%の赤字を出しており、その合計3%がアップルとサムスンの数値に加算されています。

会社別に詳しく数値を見ると、2012年の通年ではアップルはスマートフォン市場全体の69%の利益を獲得し、サムスンは34%の利益を獲得。アップルとサムスン以外ではHTCが唯一、通年で1%の利益を獲得しています。なお、アップルは2012年Q4では72%の利益を獲得しており、その主因は2012年9月に発売した「iPhone 5」にあるとのことです。

Canaccord GenuityのアナリストMichael Walkley氏は付け加えて、アップルとサムスンによる利益の独占はしばらく続くだろうと予想しています。

スマートフォンから得られる利益のほとんどはアップルとサムスンによって占められているという話は以前から語られてきましたが、これほどまでに圧倒的な差をつけているというのは驚きです。市場には様々なメーカー製のスマートフォンが出回っていますが、アップルとサムスン以外はほとんど利益無しでスマートフォン事業を行なっていることになります。さらに中国のファーウェイやZTEも廉価なスマートフォンで市場に殴りこみをかけてきており、さらに混迷を極めるものと思われます。

[Apple Insider via Phone Arena]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます