米クアルコム、低価格向けSnapdragon200/400を発表

米クアルコムは米国時間2月20日、エントリモデルとミッドレンジモデル向けプロセッサとなる「Snapdragon 200」と「Snapdragon 400」を発表しました。

snapdragon_5

Snapdragon 200はクアッドコアCPUを搭載しており、動作クロックは最大1.4GHzですが、Tegra3などのCortex-A9世代よりも古いCortex-A5世代をベースとしているため性能は控えめなものになる見込みです。グラフィック面では「Adreno 203」を搭載し、機能面ではHDビデオ再生やデュアルSIMカードのサポート、最大800万画素のカメラに対応しています。

Snapdragon 400は2コアと4コアの2モデルがラインナップされており、デュアルコアモデルは動作クロックが最大1.7GHzで、ARMベースのクアルコム自社開発CPU「Krait」を搭載しています。もう一方のクアッドコアモデルは動作クロックが最大1.4GHzで、Cortex-A7世代をベースとしています。Snapdragon 200と比べバッテリー持続時間も長いほか、多数の接続オプションに対応しています。双方ともにグラフィック面では「Adreno 305」を搭載し、機能面では1080p HDビデオ再生および撮影機能、デュアルSIMのサポートや無線によるディスプレイ伝送方式「Miracast」への対応、最大1350万画素のカメラセンサー、最新の無線通信方式に対応しています。

先行して発表されたSnapdragon 600やSnapdragon 800を含む第5世代シリーズは年内にスマートフォンやタブレットに搭載される見込みです。ちなみに、現段階ではSnapdragon 600が「LG Optimus G Pro」の韓国モデル、「HTC one」に搭載されることが決定しています。

[CNET Japan]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます