Snapdragon800はTegra4より断然格上 ―クアルコム語る

クアルコムのプロダクトマネージメント部の上級副社長を務めるRaj Talluri氏は27日(現地時間)、The Vergeに対して、自社の新型プロセッサ「Snapdragon 800」は容易にTegra 4を打ち破るだろうと語りました。

Snapdragon-Tegra-3-and-Exynos-defeated-by-a-little-known-Chinese-processor

同氏は「我々は製品を出荷することに集中している」と前置きした上で、他社のプロセッサについて「今までもそうだったように、今回もクアルコムのプロセッサはNVIDIAのプロセッサを “容易に” 打ち破るだろう。Tegra 4は興味深いが、Snapdragon 800はより高性能でLTEモデムを内蔵するなどより統合されたチップだ」と語りました。また同氏はSnapdragon 800の性能を示すために、4KビデオのエンコードとデコードのデモをMWC 2013の会場で行ったとのこと。

同氏によるとSnapdragon 800を採用したスマートフォンは50以上にのぼり、それらは500ドル(4万6110円)以上の価格帯で今年後半に販売されるだろうと語りました。

同氏が語った『これまでもそうだったように』とは、同社の現世代のプロセッサ「Snapdragon S4」とNVIDIAの現世代のプロセッサ「Tegra 3」の採用数からも伺えます。Tegra 3はベンチマーク結果は良かったものの、実際のパフォーマンスは振わず発熱も大きいなど弱点も散見され、多くの顧客はクアルコムのプロセッサを採用しました。はたして次世代プロセッサの覇権はクアルコムとNVIDIAのどちらの手に渡るのでしょうか。 

[The Verge]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます