NVIDIA「Tegra4」の性能が驚異的すぎる

NVIDIAの新型プロセッサ「Tegra 4」のベンチマーク結果より、Tegra 4は「Xperia Z SO-02E」など多くのスマートフォンに搭載されているクアルコムのクアッドコアプロセッサ「Snapdragon S4 Pro」の2倍以上の性能を秘めている事が明らかになりました。

 bench4 

今回のベンチマークはTegra 4を搭載したタブレット端末で行われました。

ベンチマークのスコアを見ると、Tegra 4搭載端末は36489というスコアを残しています。現在の最新スマートフォンに搭載されている「Snapdragon S4 Pro APQ8064」を搭載した端末の同ベンチマークのスコアは15000~16000程度ですので、Tegra 4は最新スマートフォンの2倍以上の性能を秘めていると言ってよい程です。そもそも36489という数字自体が驚異的すぎます。

ベンチマーク最下段の「HTC One」はHTCの最新型スマートフォンで、1.7GHz駆動のSnapdragon 600(クアルコム製)を搭載しています。Snapdragon 600のスコアは22678と、Snapdragon S4 Proよりは性能は向上していますが、Tegra 4には遠く及ばないことがわかります。

ただし、このベンチマーク結果だけではTegar 4が次期プロプロセッサの中で最も高性能と断定することはできません。クアルコムはさらに上位の「Snapdragon 800」を今年後半にリリースすると発表しており、同社はSnapdragon 800はTegra 4よりも高性能だと主張しています。

また、サムスンの次期8コアプロセッサ(正確には4+4コア)「Exynos 5 Octa」も今年のリリースを控えています。ただ一つ言えることは、今年の夏以降にリリースされるスマートフォンは去年や今年初めに発売されたのスマートフォンの2倍程度の性能を持つということです。スマートフォン業界のプロセッサの性能向上のスピードには驚かされるものがあります。

[PhoneArena]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます