携帯型のライトと言えば、最近では高輝度の白色LEDを用いた懐中電灯型のものも一般的になってきましたが、こと「広範囲を照らせる照明型のLEDライト」となると、意外と選択肢が無いことに気が付きます。今回センチュリーが発売したのは、この照明型のLEDハンディライトです。

ライトの名前は「LEDてるてる棒」。交通整理などで用いられる誘導棒のような形をしており、ライト部に取り付けられた20個もしくは40個の白色LEDによって、半円状に光る仕組みです。LEDが20個取り付けられたタイプが「CLTTB20」で、LEDが40個取り付けられたタイプが「CLTTB40」。いずれも定価はオープンプライスで、市場での実勢価格はCLTTB20が6,980円程度、CLTTB40が7,980円程度となっています。

teruteru-001

左がCLTTB20、右がCLTTB40

てるてる棒の大きな特徴は、照明としての利用用途の広さです。一般的なLEDライトのように光の直進性を利用するのではなく、光拡散カバーによって光を拡散させることで広範囲を照らしてくれます。これによって一般的な照明装置のように部屋全体を明るくしたり、撮影用の照明などにも利用しやすくしています。

またLED方式らしく調光性能にも優れ、発光量は100% / 70% / 30%の3段階に調光が可能なほか、緊急時用の点滅発光モードも搭載。本体重量はCLTTB20が約140g、CLTTB40が約215gと軽量で、本体サイズはCLTTB20が全長215mm、直径34mm。CLTTB40が全長331mm、直径34mm。照度はいずれも25ルクス(1m距離にて測定)となっています。

バッテリーにはリチウムイオンバッテリーを搭載し、USBによる充電方式を採用。バッテリー容量はCLTTB20が750mAh、CLTTB40が1,500mAh。充電時間はCLTTB20が約4時間、CLTTB40が約8時間。連続使用時間は2機種とも100%点灯時で4.5時間、30%点灯時で28時間となっています。

teruteru-002

両製品共にライト単体でも便利に使えますが、オプションとして販売される「LEDてるてる棒用スタンド&マグネットホルダーセット(型番:CLTTB-ACC)」を使うことで、カメラ用三脚に固定して使用したり、スチール製品に貼り付けて使用することができるようになります。こちらのオプションの価格は定価がオープンプライスで、市場での実勢価格は1,280円程度。

teruteru-003 

筆者も趣味でフィギュアやモバイルグッズの撮影を行うことがよくありますが、卓上スタンドなどを用いて撮影を行う際、AC電源方式のものはケーブルが邪魔になったり撮影場所に制約ができたりと非常に取り扱いが面倒でした。このライトとオプションのホルダーを使えばそういった手間も無く、好きな場所に自由な角度で設置が可能なので、とても重宝しそうです。

販売はセンチュリーの通販サイトの他、家電量販店や各種ネットショップでも取り扱いが始まっています。非常時の照明として、撮影用のライトとして、またアウトドアでの利用など、1本持っておくと様々に活用できそうです。

[LEDてるてる棒 via 家電Watch]