速報 ― 時事通信は28日午後、米アップルが、韓国サムスン電子の保有する特許を侵害したとして訴えを起こされていた件で、東京地裁の大鷹一郎裁判長は同日、アップルによる特許侵害を認めないとする判決を下したと伝えている。

今回争点になっていたのは、携帯電話やスマートフォンなどにおいてインターネット通信を行う際に効率良くパケット(データ)を送受信する技術。米国では昨年8月にアップル側勝訴としていたが、韓国ではサムスン側が勝訴とする判決を下していた。

両社をめぐっては、世界各国で特許裁判を繰り広げており、ビジネス上の仲違いが発生するに至っている。特にアップルはサムスン電子にとっての重要な顧客であり、従来は液晶ディスプレイや各種半導体などの納入を手がけていた。ところが特許裁判が進むに連れて “脱サムスン” の動きを見せており、ついには半導体すら他社移管するのではないかとまで囁かれている。

[時事通信]